仙台市市民文化事業団 芸術文化事業情報サイト
HOMEこれまでの催し > 仙台白菜ミュージアム

地域資源とつながろう 仙台白菜ミュージアム

終了しました。

ph

2012年3月17日(土)・18日(日) 11:00~17:00
会場 仙台ファーストタワーアトリウム
   仙台市青葉区一番町3丁目1-1

仙台ファーストタワーが白菜畑に?!
冬の代表的な野菜・白菜のルーツは仙台にあった!
たくさんの人の、たくさんの想いが詰まった“仙台白菜”。
「仙台白菜ミュージアム」を味わうことで、仙台のさまざまな地域資源の姿が見えてきます。


《 仙台白菜を知る!》

  • 始まりはタネ?!「松島白菜物語」
    日本に白菜の種がやってきて約120年。大正時代から良質なタネを採るための研究が松島湾の島々で進められています。松島の白菜物語を島の蜂とタヌキたちがご紹介します。
  • いよいよ全国へ!「仙台白菜物語」
    大正時代に誕生した良質なタネにより、宮城県は一大産地に!県内で生産された白菜は「仙台白菜」と名付けられ全国デビュー!大変な人気者だった仙台白菜を当時の資料で振り返ります。
  • そして今も。「みんなの白菜物語」
    約100年の間に仙台白菜が、紡いできた地域のつながりは、大切な地域資源です。仙台白菜を取り巻く人たちの今の想い、ふるさとへの想いをつなぐ『みんなの白菜物語』をご紹介します。

《 仙台白菜におどろく!》

  • 白菜×百財!?「仙台白菜餃子クロニクル」
    中国語で「白菜」と「百財」の発音は同じ「バイツァイ」!中国では、白菜は「百の財をもたらす縁起物」として親しまれており、餃子の中身も白菜が定番です。仙台には、二つの餃子を巡る、大陸を越えた二つの家族の物語がありました。
  • 仙台白菜=シュー!?「仙台白菜シュークリーム」
    シュークリームの「シュー(chou)」はフランス語で「キャベツ」の意味。實は「白菜」も「シュー」って言うんですよ!仙台では白菜もシュークリームも同じ大正時代に誕生しました。仙台の白菜とシューの『はじめて物語』が出会って、ステキなスィーツが誕生しました。
    ※各日100個限定です!

《 仙台白菜でつながる!》

  • シオーモから!「野々島スクリーン」
    採種文化の保存活動が行われている浦戸諸島・野々島。春の訪れを待つ島の畑はどんな様子?スクリーンに流れる映像で今の野々島とつながります。
  • イーハトーヴォから!「宮澤賢治と白菜」
    宮澤賢治の「下ノ畑」でも白菜が育てられていました。賢治にとって「白菜を育てる」とはどういうことだったのでしょうか。賢治が書き残した詩『白菜畑』から紐解いてみましょう。

《「せんだいアート庵」》

  • 仙台白菜×アート?!「せんだいアート庵」
    仙台白菜が持つ壮大な物語の中にアーティストが飛び込んだ!それぞれが考える仙台白菜の形を、段ボール茶室「せんだいアート庵」で披露します。作品の背景に広がる、「仙台」という場所が紡いできたつながりの不思議。ぜひ目で味わってください!
  • センダードから!「広がる白菜畑」
    地元の若手アーティストたちが会場で一心に描いているのは白菜?!描かれた白菜は会場を飾り、2日間でどんどん増えていきます。皆さんも一緒に描いてみませんか?

当日は仙台白菜にまつわる来場者プレゼントも!!
◆お気軽にご来場ください!

◇「せんだいアート庵」とは…
(財)仙台市市民文化事業団が、常磐パッケージ(株)と共同開発した、可動式のアートスペースです。「点てる」には「もの本来の姿を現す」という意味があります。〈お茶を点てるように、アートを点てる〉――この空間に身を置いて作品と対話することで、その面白さやアートが近くにあることの楽しみに触れることができます。


お問い合わせ

(財)仙台市市民文化事業団 事業課
TEL:022-301-7405 FAX:022-727-1874 mail:info@sendaicf.jp
[主催]:仙台市・財団法人仙台市市民文化事業団
[企画協力]:一般社団法人リエゾンキッチン
[制作協力]:ギャラリーJ 南町通りオープンギャラリーCROSS ROAD 美術カフェピクニカ
[協力]:常磐パッケージ(株)・(株)林風舎・(株)渡辺採種場

〈twitterやってます!〉アカウント:@sendai_ hakusai
〈ブログもやってます!〉「仙台白菜ミュージアム」スタッフブログ